取り付け方法

取り付け案内書

サイドウィンドウ上部に金属フレームのついた車種。
コンバーティブル及び 'フレームレスドア' の車種はサンシェードに適しません。

キャビンサイドがプラスチックトリムで覆われていないドアフレーム
簡単な見分け方は通常プラスチックトリムの仕上げがマットまたはテクスチャー加工されているのに対し、金属フレーム(ゴム製シールのとなり)は通常、光沢仕上げになっています。


  1. 運転席ドアーを開ける。
  2. 下記のドアーフレームタイプに応じてシェ ードを取り付ける。(確かでない場合は、 タイプ2をまずお試しください。)
  3. 正しい位置にシェードを固定するため指 示に従ってロッククリップを調整する。
  4. ドアを閉めたらシェードをそっと引き下ろ して安全に取り付けられているかどうか 確認する。 <
  5. 必要であればシートの高さを調整して、シ ェードがサイドウインドウからの交通の視 界を妨げていないかどうか確認する。 外し方 車のドアを開けてシェードをそっと引き下ろし、ドアーフレームからスライドさせて外します。





 


注意

お子様の手の届かない場所に保管 - 玩具ではありません。

万が一飲み込んだ場合、シェードには傷害や死亡の原因となる強力な磁気が含まれています。 もし摂取したり吸入したら、直ちに医師の診断を受けてください。

処分する目的でない限り、改算したりシェードから磁気を外さないでください(リサイクルを参照)。

幼児やお子様がシェードと遊ぶことはかたくお避けください。

ペース メーカーなどの内部医療機器をご使用の方は強力な磁気の取り扱いをお避けください。

磁気ストリップをもつカード(クレジットカード等)、時計、補聴器または電子機器は損傷を受ける可能性があるので磁気から離れた場所に保管してください。

取り付け案内書に従い、シェードが正しくかつ安全に取り付けられているかどうか確認してください。

シェードが設置された際、サイドウィンドウからの道路状況がいつでも明確に見えるように常に確認してください。 もし交通の視界を妨げるようでしたら、シェードのご使用をやめ、小売店にお問い合わせください。

事故のリスクを避けるためにシェードの取り付け及び取り外しは車が静止状態で安全な場所にあることが条件です。

コンプライアンスを確保するために、現地の法律や規制をご確認ください。